膝の痛みについて

病気やケガ、スポーツ時の負荷による痛みにも様々なものがあります。

膝の関節軟骨がすり減ることにより強い痛みがおこる「変形性膝関節症」は、中高年に多いものです。これは我慢して放置しておくとやがて日常生活にまで支障がきたすことになります。

 

さらに歩行困難にもおちいってしまうことになりかねません。膝関節の中の靭帯が切れてしまう「膝関節靭帯損傷」はズキズキ痛み出し徐々に腫れていきます。靭帯が切れる鈍い音がします。

 

膝の痛みの原因

「突発性膝関節血症」は高血圧や高齢の人がなりやすいといわれています。膝の滑膜(かつまく)や半月板の血管が切れることで起こります。膝の内部に血液が溜まり、症状としては痛みと腫れがあります。「オスグット」は、スポーツをしている10歳から15歳の成長期の子供がなりやすいものです。

 

脛骨粗面の骨端線が剥がれてしまいます。脛骨結節(お皿の下の骨)徐々に突出してくることにより膝に突起物が出来ます。腫れや熱をつことがあります。運動しているときに痛みがありますが安静にしているとなくなります。専用のサポーターを使用します。

 

痛みが強い、長く続く、腫れているなど少しでも違和感を感じたらすぐに整形外科に受信することをお勧めします。問診で聞かれるますが、痛みが出た時の状況をできるだけ詳しく医師や看護師に伝えることが肝心です。

 

膝の痛みは当院へお任せください

膝の痛みでお悩みならはぜひ当院へお任せください。

 

当院では患者様のお身体の状態をチェックし、痛みの原因を特定します。お身体の症状改善と再発予防に向けスタッフ一同、サポートいたします。お一人で抱え込まずに、お気軽に当院へご相談ください。

 

ご来院お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ライン予約 ライン予約 WEB予約

まはろ接骨院 名駅院へのアクセス

まはろ接骨院 名駅院への
ご予約・お問い合わせ